I&JEWELRY

LOG INCART

閉じる

ジャンル
シリーズ
石の種類
価格帯

2020/10/02

お役立ち情報I&JEWERLYの世界をつくる 貴石のSTORY。

あなたの日々に寄り添う、彩る、様々な貴石のこと、お話しましょう。
宝石も、人と同じで一つひとつに歴史と個性、物語があります。

ガーネット:1月の誕生石:貞操・真実・友愛・忠実
分子構造等の違いで色合いや希少性が異なる貴石
ガーネットといえば、まず、赤色系を思い浮かべる方が多いことと思います。実際には、硬度・屈折率・比重などの特性の違いによって、「パイロープ・ガーネット」「ロードライト・ガーネット」「アルマンディン・ガーネット」「スペサルティン・ガーネット」「グロッシュラー・ガーネット」「デマントイド・ガーネット」「ウバルバイト・ガーネット」の大きく7種類分類され、黄色、褐色、黄緑、緑、青緑、紫など様々な色合いを持つ宝石です。

アメシスト:2月の誕生石:誠実・心の平穏
貴人が身に着けた「紫」を帯びた高貴な貴石
アメシストは、「紫水晶」の和名を持つ宝石です。紫が、日本や欧州などで、古くから王族や位の高い人のみが身に着けることを許された高貴な色であることから、多くの方に好まれる宝石です。淡いライラック系の紫からワインのような濃紫色まで幅広い色相を持っていますが、色の出方が均一で、色が濃くなるほど価値が高くなります。

アクアマリン:3月の誕生石:沈着・勇敢・聡明
暗い照明のもとでより美しく輝く海を思わす貴石
明るい透明感のある青色が人気の宝石ですが、実は暗い照明下ではさらに高い輝きを見せ、昔から「夜の宝石の女王」と呼ばれ、夜会服のためのジュエリーとしても珍重されています。産出した時、ほとんどのアクアマリンの色には緑色、あるいは褐色味が含まれているために、これらの余分な色味を取り除くために加熱エンハンスメントが行われ、澄んだ海水青色にされるのが一般的です。

ダイヤモンド:4月の誕生石:清浄無垢
地球上で最高の輝きを放つ貴石の最高峰
ダイヤモンドを構成する元素は炭素のみで、宝石としては唯一のもの。地球上に存在する天然の鉱物で、実験で確認される中で屈指の高度を持つことから実は工業にも利用されています。ダイヤモンドの品質は、カラット(重量)・カラー(色)・クラリティ(透明度)・カット(プロポーション)の4つの要素=「4C」で評価する方法が広く支持されています。

エメラルド:5月の誕生石:幸運:幸福
過酷な条件のもとで形成されるクレオパトラも愛した貴石
ベリリウムを含有する六角柱状の鉱物=ベリル族の中で最も主要な宝石変種で、微量のクロムやバナジウムが入ることで独特の緑色になります。エメラルドは過酷な条件のもとで成長するために、結晶のサイズも小さく、また多数のインクルージョンが取り込まれます。カットされたエメラルドのほとんどに、いわゆるフローが見られるのはそのためです。

パール:6月の誕生石:健康・長寿・富
「人魚の涙」と呼ばれる海からの贈り物
人類が最初に出会った宝石―真珠。真珠形成層と呼ばれる炭酸カルシウムの小さな結晶が、各を中心に、何百枚、何千枚と取り巻くように積み重なったもので、その構造そのものが色=干渉色を作り出します。色が濃くなれば、輝きも強くなり、最上級のものは、花珠と称されていますが色はピンク系で巻が厚く、光沢も良く傷がどこにもなく真ん丸であることが条件です。アコヤ真珠のほかにも、南洋真珠の黒蝶、白蝶、マベパールがあります。

ムーンストン:6月の誕生石:健康・長寿・富
シラーと呼ばれる月光のような輝きを放つ貴石
ドイツ語の煌めきを意味する「「Schiller(シラー)」の美しさを原石の状態から保有し、その輝きが月の光を思わせることからこの名が付きました。和名では「月長関」と呼ばれています。実は多彩な色合いを持ちますが、青白い輝きを放つブルームーンストーンに人気があります。

ルビー:7月の誕生石:情熱・愛・威厳
アジアのみで産出される希少性の高い貴石。
「鋼玉(こうぎょく)」とも呼ばれ、赤鉄鉱グループに属するコランダムと呼ばれる鉱物の中でも、赤色を擁するものだけがルビーと呼ばれます。加熱エンハンスメントという処理によって、余分な暗色味あるいは紫味が取り除かれることで、その石が本来持ち合わせる赤色の美しさが際立ちます。原産地はアジアに偏り、ダイヤモンドに次ぐ高度を持った貴石です。

ペリドット:8月の誕生石:夫婦の幸福
夜会のエメラルドと呼ばれる鮮やかな緑色の貴石。
オリーブグリーンから明るいライムグリーンに至る色合いと、オイリーな光沢が特徴の貴石です。オリビンとも呼ばれ、和名はかんらん石。夜間の照明の元でも昼間と変わらない鮮やかな緑色を維持します。紅海のザバルガド島(現セントジョンズ島)で採掘され、古代ギリシャやローマ時代に装飾品として重用されました。

サファイア:9月の誕生石:慈愛・誠実
一日の様々な空の色を持ち、青色を語源に持つ空色の貴石。
ルビーと同じコランダムに分類される鉱物ですが、その中で、ルビーと呼ばれる赤色のもの以外は、すべ色名を冠してサファイアと呼ばれますがサファイアと呼ぶ場合はブルーサファイアを指すことが一般的です。加熱エンハンスメントにより、明るい色調に整えられますが、無色のサファイアはいくら加熱しても色が変わらない特徴があります。

オパール:10月の誕生石:安泰・忍耐
結晶を作らない非結晶というオパールの特異な内部構造から生まれる遊色効果=プレイ・オブ・カラーは、他には類を見ない魅力です。ボディーカラーが黒色から暗灰色をブラック・オパール、白色をホワイト・オパール、赤色からオレンジ系をファイヤー・オパール、そして無色透明のほとんどのものはウォーター・オパールと分類されます。

トパーズ:11月の誕生石:友情・希望・純白
世界の宝石の中でも最大級の結晶を持つ貴石。
ブラジルにおいて現地の言葉で水滴を意味する「ピンゴ・ダゴア」と呼ばれるように、その透明感と高い輝きがトパーズの魅力。主成分として含まれる水酸基とフッ素の量により2タイプに分けられますが、やや赤みを帯びた黄色のインペリアル・トパーズが代表的な変種で、シェリーカラーが最高とされています。

タンザナイト:12月の誕生石:成功
ティファニーが名付け親。キリマンジャロ付近のみで産出する貴石。
1967年、東アフリカのタンザニアで発見された貴石としては比較的近年に発見されました。宝石名としてはブルー・ゾイサイトが正式名称ですが、産出地に因んだ「タンザナイト」のほうが一般的に知られています。青から紫に至る色が特徴で、カットによって、すみれ色や青系など、様々な色合いを出すことが可能です。

ターコイズ:12月の誕生石:成功
晴れ渡った空の色としても親しまれるスカイブルーの貴石。
「トルコ石」として親しまれ、3千年以上前の古代エジプトにて装飾品として用いられていた古い歴史があり、ネイティブアメリカンのジュエリーが有名です。薄い水色のから、濃い青、緑がかった物、黒や茶色の葉脈状の模様を擁するものまで、様々な種類があり、色や模様によってグレードが決定されます。

クォーツ
透き通る水という意味を持つ、古代から親しまれる透明な貴石。
石英の仲間で別名はクリスタル。和名で水晶と呼ばれるポピュラーな貴石です。三角形の面六つを持った六方柱状の水晶の結晶はだれにでもなじみのふかいものです。が特徴で、この水晶を利用した時計はクォーツ時計と呼ばれています。ジュエリーはもちろん、水晶柱や円形に磨いた球をインテリアとして飾る方も多いですね。

モルガナイト
ピンク系の明るいパステル系の色合いが魅力の貴石。
アクアマリンやエメラルドと同じベリルグループの中でも、ピンク色から淡赤紫色のものをモルガナイトと呼んでいます。この継承は発見者であるモルガン財閥の創始者・JPモルガン氏に因んだもので、1911年にマダガスカルで発見されました。。ローズベリルやボロビエバイトとも呼ばれています。

INFO一覧へ

I & JEWELRY  PHILOSOPHY

ジュエリーのある日常を。

何気ない時間に、素敵な気分を添えてくれる。
もう一歩を踏み出す勇気をくれる。
いつも身近に。そして、いつもを特別に。

VIEW MORE

I & JEWELRYのお知らせ

ジュエリーをもっと楽しんでいただけるための情報をお知らせします。

VIEW MORE

ページ先頭へ